ツール・ド・ジャパン 四日市ステージ

に参加した。
当日は朝から雨。
程ほどに1時間ほどローラーに乗る。
今日はレースの感覚を慣れる・無事に帰ってくる。

参加メンバーはSクラスで20名。
8年前のJCRCの登録名のままのテスタッチになっていた。

9キロを4周。のぼりは1キロほどで後は下りや平坦や細かいアップダウン。

コースは知らないので1周目を試走にあてる。
2周目の上りでスパッと掛けたら飛び出しそのまま逃げる。


ラスト周回に入る2キロ前で 明治大学生とストラーダの若者が追いついてきた。

彼らには若い~なぁ~と言いつつも、レースを楽しもうとも言った。

ラスト周回の鐘。
上りで右のハムストが攣った。
昨日クリートをいじった為かレースの負荷の為か。
少し止まりつつもストレッチして伸ばす。
痛みがなくなったので前を見ると100mほど前に居るのでダッシュで追いついた。
そのまま下りもローテーション。

上りで明治学生が掛ける。
そのまま牽制気味で100m程の上りで明治学生が遅れ、二人になり。

ラスト500mで前に出てそのままゴールスプリントで勝ちました。

やっぱりロードレースは面白かった。

今日は沢山の方に応援して頂きました。
乗鞍勝てなくて残念で、勝てたシーンを見て僕以上に喜んでくれた方も居ました。

レースはヒルクライムではないけれど諦めずにトレーニングしていて良かったと思いました。

僕の優勝を喜んでくれる方が一人でも居てくれた事が本当に嬉しかったです。
ヨシオカさんありがとうございました。

週一回、ライトを着けて夜まで走らせてくれた女将さんに感謝です。