ローテーション

5時起床
6時出発で 集合。

野田さん TOMさん ロードマン先生 ヒシダさん の5人

長島ローテーション練習
5分交代 追い風は42キロぐらいで 向かい風は38キロぐらい。

往復して ネクターを飲む

10キロばかり ゆっくり走って8キロぐらいをTTT練習

最後は170まで上がって終り。

その後は 河川敷で5人が並んで0発進のダッシュ練習
ギアは53X15 15秒

2本目からは20秒

4本目は16から始めて スピードが乗ったところで15に落とす。

5本目は14で
こんな基本的はメニューもやると効果的。

 少し熱中症気味になったので20分ぐらい日陰で休んでから帰宅。
帰宅して 120キロ

 

レジフィットはとても涼しい。
日焼け止めにもなるし。

昼食食べてから15時半ぐらいまで家族で昼寝してから僕はウェイトへ家族は隣の図書館へ。

115キロを25回 5セット
それから上半身を。
スクワットを先に行うと もうふらふらで集中力が無くなった。

家族を迎えに行ってラーメン屋へ。

買い物行って帰宅。

保育園の保育士さんに 父親を嫌いになった理由が 加齢臭だったそうな。
そんな父親が使い始めたボディーソープがこれだったみたいで 加齢臭はなくなったそうである。
嫌われないようにしないとね。

 

休憩中にひしださんに言われたのが いつも一人で走っているイメージで こんな風に人と走るなんで思わなかった。

まぁ全日本の後で もっと強い人と走らないとダメと思った。
だとすると山の穴は意味が無いという事になる。

それをやると巨人軍みたいだ。
イナーメXは少し前の楽天みたいで良いと思った。

弱い選手を強くしていく 育成みたいなもの 周りのライダーはもう若くはないけれど・・・。

山で遅ければ差をつけて走らせて後ろから追っかければ良い。
「1分差スタートで頂上まで追いついたらかちで逃げきられたら負け」と言うようなゲーム性のもの。
ジュースを掛けてやるのも楽しいかもしれない。

とすると こういったTTTやローテーションの練習もレベルの違う選手が集まっても出来る。
ちぎりあいではなくて レベルが違っても強いやつが引いていけば良いという練習が出来る。
ちぎりあいだと 最初は集まっても 「あそこに行くとレベルが会わないからと 集まらなくなる。」

せっかく 周りに人が集まってきたんだから これも良い勉強だと思ってやって行きたい。