根本

誤字脱字多し。ごめんなさい。

6時起床で 6時50分出発。
8時集合 森本さん 近藤の3人。

まずはニノ瀬へ。

トンネル抜けて 森本さんのハイスピードについて行けず 170拍を超えた所で切れて後は自分のペースで
20分19秒 森本さんへ19分フラット。

向こう側の下りへ。
CAYOは下りは安心感があって抜群だった。

アップダウンは近藤が上げていく。
僕はまだまだなので付いて行く。

森本さんがゴリゴリ踏んでいく。
千切れる僕であった。

もう少しペースで一定で後ろLSD 先頭メディオ入るぐらいだと上手い走りこみが出来るんだけどね。

関が原CCから22号までは個人メディオ走。
56 森本さん 近藤で15秒差でスタート。
7キロほどのアップダウン。
中盤で抜かれるがその後は10秒ほどの差を保ってゴール。
まぁこういった 個人の能力を上げれるトレーニングも入れていくと面白い。

メナードランドを過ぎて関が原で牧田川。
牧田川は向かい風 40キロ出ない。
回転数を上げ気味で走る。

その後は木曽三川まで来て 木曽三川から1号まで個人TT。
森本さんと近藤は先頭交代してその後ろで10秒ぐらいでスタート。
心拍は165で途中から170を超える。
もう個人メディオとかのレベルではなく最後に出し切る。

最後は178まで上がって追いつく。
最高心拍は180で 平坦でここまで追い込んだ。
上りだと辛いけれど平坦だと追い込んで行ける。
まったく分からん理論だ。

帰宅して150キロ

その後は753さんへ。
久しぶりのスーツ姿。
毎日ネクタイとスーツを着ているサラリーマンに脱帽です・・・・・。
ネクタイの締め方が分からないのでネットで調べる。
皮靴なんで24歳の時に東松山の靴屋で買った物だ。

熱田神宮へ。

まぁ娘も大きくなったもんで 態度も僕に言う説教も・・・・・。
「もう3歳だから 自分の洗い物は自分で洗うから。」と言い放つ。
36歳にして洗い物をやらない僕としては 親の顔がなかった。


野辺山クロスのマスターズで優勝した。
全日本まであと2週間。

兄ちゃんのトレーニング環境が良いところは
勝ってもお山の大将になれない所。
普通なら トレーニング仲間から凄いねぇとか言われる所が 僕らの中では 当たり前だろしか言われない。
水曜日と金曜日のトレーニングでボロボロにされ 千切れて自信もなくし その不安な気持ちでレースへ向かう。

「そんな気持ちでレースに向かう俺の気持ちがお前ら(森本さんと僕)に分かるかよ」とモスバーガーで言っていた。

まぁ全日本は楽しんで走って欲しい。
優勝候補で望むなんてそうそうない事だし その環境を楽しんで欲しい。

ヒルクライムに特化したトレーニングが頭にあって 回転数を低くしてワットを出すペダリングになっていた。
5年前は回転数を上げて走っていた
平坦メディオは100回転以上 
ロードレースをもう一回やるなら 走り方から変えていかないとダメだ。

フレームうんぬんもあるけれど 僕の走るスタイルが変わってしまって 選ぶフレームも変わっていってしまっていた。

最初のマドンのフレームも硬かった。
でも僕のペダリングは高回転だった。

もう一度 根本から考え方を変えます。