今日 と BIKEFIT

朝は寒かったねぇ~。
頭痛が凄くて肩こりも凄くて四十肩か?と思うぐらい腕が上がらずロキソニン飲んで仕事。
仕事していると肩こりも解れてきて 体調も良くなってきた。
16時に終って帰宅。
今日は女将さんから絶対に家で静養と言われているので 一歩も家を出ず・・・・。

BIKEFITへ行ってきた。割と近かった。

ストラーダ大津店

Zが猛烈にアオッてくるので僕はさっと退いたが なぜか 豊田のファミリーカーを舐めんなよと思ってしまった。

45分で着いてしまって 14時開始だったが 12時からBIKEFIT開始となった。

先ずは体の柔軟をチェック。
体は全体的には柔らかいけれど 股関節は硬い。

脚の長さの左右差は 右が2mmほど短い
脚(甲)の開きぐあいは同じ。

そこまで両足の差はないようである。

サドルの高さから
クランクを6時に持ってきて 膝の角度を計る。
BIKEFITの標準な角度は35度付近
僕は45度近くあり サドルの高さは低いと判断される。

10mm上げる 先ほどよりもつまり感はないが 角度を測るとまだ上げれる。
5mm上げて15mm

その後で 膝の皿の裏側?付近にマーキングして レーザー光線を当てる。
前乗り。

5mm後退させる。

そこから前から両足にレーザー光線を当てる。
三箇所マーキングしてぶれているかをチェック。
左脚は 自分で回しながら鏡を見るが ものの見事にブレがない。
まったくぶれない。
自分で回しながらペダリングを見ると これは素晴らしいと関心するぐらいで 山本さんも素晴らしいと。

右はブレブレ
先ずはペダル軸に2mmのワッシャーをかまして外に出す。
クリートも内側に入れて外に出す。

先ほどよりはマシ。
最終手段と言う事で カントをつける。

その前に 踵の角度を測る。
左は5度 右は15度・・・・・・・。
僕の思ったとおり膝が内側に入っている。


なのでこのようにカントをつける。
でもブレは完全に取れない。
もっと外側に出したいが それはスピードプレイのペダルが最適だと言われる。

まぁこれで試してみようという事で。

後は上半身。
僕は肘を曲げないので 色々と長さや高さを変えても変わらないので このままで行こうという案で。

楽しい3時間だった。
自分の思っていた 右が内股になるという事で 診断されて カントをつけてもらった。
以前にも自分でカントをつけていたが 分からなくなってやめてしまった。

3時間で19000円は高いと思うだろうけれど 楽しい3時間だった。
これがベストというポジションではないけれど 悩みがひとつでも解決したと思えば安いもんだ。

まぁ来週から乗ってみよう。

山本さんは現役ライダー。
関西弁ってのもあるからか 言葉が優しく感じた。

ベテランほど こういった新しい事にチャレンジする事が減ると思うけれど 
自分のポジションという物を 客観的に人に見て貰って判断されるのも また新たな発見があって面白いと思う。

ダメならダメで また考えれば良い事。
これってポジションは絶対にない。
それを追い詰めて 追いかけて行くのが面白い。

それとBIKEFITを受けて思ったのが クリートの位置が変だと思っても 他にサドルとかステムとかの位置を変えてみるとクリート位置を変えなくても良い場合があると思った。