投げたい時もある

昨日は娘のパック入りのアイスクリームを4個食べた。
それを見ていた女将さんが「もう止めたらと言ってくれた」
いわゆるドカ食いだった。

11時半には寝た
夜中は冷えたようで風邪を引いた

電話するとパンの仕事ではないので休みをくれた

朝飯食べてロキソニン飲んで朝飯食べて寝た。

近くのボーリング場のキャッチフレーズが「人生投げたい時もある」

たまには投げたい時もある。
今日が その日だった。

娘を迎えにいって帰宅し 治療院へ

誰かに話を聞いてもらいたい時もある
こういう治療院とかの仕事って 色々と話しながら治療していく事がある
話していくうちに 聞いてくれるだけで イライラが収まったりして 精神的に落ち着いていったりする

キングも同じ治療院に来ているが 奴の調子どうですか?とは先生に聞くけれど 先生は「良い感じだよぐらいで それ以上は言わない。

この人は 口が堅いんだなと信頼出来る。

それ以上言うと 僕が話している事も他の人に話していると思ってしまうから 信頼がなくなってしまう。

水曜連は 僕が言いたい事を 本人を前にして 言っているが まぁ僕は口が悪いから
これからは思っていても言わないようにしようと思った

色々と教えたい事はあるけれど これは僕のトレーニング連

色々な考えを持って自転車トレーニングしている人がいるってのは思った。

兄ちゃんが来なくなった気持ちも分かるようになった。

僕と同じような気持ち 勝つ気持ちを他の人に求めるのは 無理だと感じた。

すべて投げ出したい時もある。
そんな日だった。