水曜連 

7時間寝た
10時に上がって帰宅し 着替えて 部屋の掃除をしたりして出発

12時半集合の前に長良川の周回を下見

森本さんのブログに コーナーの立ち上がり 700Wが掛かるトレーニングがしたいと書いてあったので 

練習仲間のブログは見ている
ブログの中に やってみたいとか 自分に足らないトレーニングの事が書いてあれば それを組み込むようにしている。

森本さん ADONさん ソニックさん フルイチンコフ リマサンズの時のチームメイトだった 加藤少年

2.5キロを15周回で5周ごとにスプリントの予定だったが バラバラになり 5周で一旦1周流す あと10周回 だが また5周回で 森本さんとの2人になる

1周流して5周
最終周の最終コーナーで 中切れ2回を埋めて
最後は 森本さんと加藤少年とスプリントで きっちりと差し込む
176拍まで上がった 何気に今年の最高心拍だった

5周 アベレージ43キロぐらい
平均W 270wぐらい 平均心拍は 90%で160から165ぐらい
コーナーの立ち上がりは690wぐらい掛かる

それからぐるっと養老回る

中里ダム周回の3段坂で 森本さんが ダンシングで上げていく

今日のマイブーム言葉が
「見せてもらおうか!! アザミ2位の実力とやらを!」だった

1個目の坂は 真似してダンシングでクリア
2個目の坂は ダンシングで 最後は差し込む
3個目は 下りの慣性を利用して 逃げ切る

「480w掛かっていましたよ いくつ掛かっていました?」というので
「負けるかぁぁ!!!と言うW数が掛かっていた」と答えておいた

ドロドロの道をクロスのように走りここはジロステージかと思うぐらい楽しかった。

牧田川経由で走る

50キロ近い

フルイチンコフが 48キロに上げるので 僕は負けずに49キロに上げる
踏まない 回してW数を上げる
こうすれば 脚には来ないでラストまで持つ

これは 2連チャンのヒルクライムに出て 思った事だ

森本さんにも高岡にも 昔のように回していないですよね?と言われていた
いつの間にか踏む癖が付いてしまって 回す事が出来なくなっていた

回転維持筋力って事かな

自分の自転車を近くで観察するよりも少し離れて全体を見れる距離から見てみると

サドルが若干前下がりになっていて ステムが低い

平行か若干前上がりにして コラムスペーサーを6mm入れる

これで 前に行かなくなったので スピードを上げようとすると 回転を上げるしかない。

言い訳しないと 思って 走るしかないと思ったら 意外と走れるもんだ。
自分で言うのもなんだが 今日の僕は強かった。

自転車は頭だ と数年ぶりに思った

帰宅して洗車して 娘を迎えに行く

帰宅してウェイトの準備

女将さんに ウエイト行ってくるわと言うと
「自転車やる気になったね」と言われた

65キロで 10回 5セット
軽い負荷だけど ほんとに軽かった
でも 焦らず 105キロで維持しよう
その後は ハイクリーンを
これは下半身と上半身を連動する意味でやっている

帰宅前に スーパー寄って 米10キロを買う
16キロの娘は軽いのに 10キロの米は なぜにこんなに重いのか・・・・

鮭は好き

 

友達が注文
アンコは美味い

 
スペシャのSワークスのシューズ
ラチェット部分が脚に当たって痛い
ここまで腫れてしまっている
ここの腫れのせいか? 腰から背中部分が麻痺してくる

Sワークスのシューズは カントが付いている
この部分は好きで 膝が内に入る僕にとっては 良い
でも 踵部分や足指あたりの締め付けの作りは酷い
 
ワイヤーで締め付けるので 親指辺りの上の生地も持っていかれるので 余裕が無くなってしまう

僕は 足指を シューズの中で動かしたいタイプの人間
集団で休む時は 軽く回すので 足指もリラックスしている
力を入れる時は グッと握っている

手もそうである
力を入れる時は グッと握るでしょ?
リラックスする時は 開いている

それと同じように 脚も力を入れっぱなしではない

それをふまえると このSワークスは 足指部分に余裕がない

僕はシマノシューズが好きだから この部分のSワークスは合わないんだろうな。
合う人にとっては最高なシューズだけど・・・・・。

もう少し 作りをシッカリとして欲しいと思って 半年

この痛みと カントの有効性のどっちを取るか?

悩む・・・。