体重増加

体重計乗ってびっくり60.6キロ どんだけ浮腫んでるんだと・・・・。
もう一回乗っても同じなの・・・。
土曜日から2キロ増えてんだろ。

夕飯少なくしよう。マジで・・・ははははは。

4時からで13時半上がり

体が重たいわ。

帰宅して家の掃除。

それから寝るしかないとおもって寝る。

脚に針を刺して 水を抜きたい感じ。
11速のボントラガーのホイールにタイヤをはめようとするが チューブレス対応なので
上手くはめ込むことが出来ず2本チューブを噛む。

今日は外を走るなと言うことなんだろうとおもってローラーへ

何も考えずに回す
40分 90Wぐらいかいな

娘を迎えにいって買い物へ

今日から豆腐だ。

でも体はスカスカ感はなくて パワーが出る感じがする。
このままヒルクライム月間に突入かいな・・・。

続き

二俣と3人になるが まだ3時間もあるけれど大丈夫かいなとおもいつつも空から雨が落ちてくる

雨脚が強くなったし 4時間が終ってベルマーレの若者の耕大が来てくれて
休憩してくださいと言うので 離脱してピットへ入って 雨用のいなーめオイルを脚に刷り込で合羽を着て走り出す 。
が 寒い のでもういっかい戻って ニーウォーマーをはいて戻る

でまた集団へ

集団は5チーム
アベールとアドンとコグマと堤と鷹組になる
僕ら招待選手の役目は この5チームの後ろに陣取って 周回遅れのチームが入らないようにして
招待選手の後ろに付くように指示したり 右側を走っているライダーの声を掛けたりする。
5人が気持ちよくレースを出来るように進める

先頭交代で遅れたチームにも 様子を見に行ったりする事もある

コグマの若者の鈴木君が帰った来た時は 「お帰り」と言ったら 「ただいま」と言ってきた。

残り3周ぐらいかな 最終コーナー付近から3チームが選手交代の為に上がっていって
残りの2チームがペースを落とした後 先頭交代を終えた3チームが先に行ってしまう。

それを見た真鍋さんが 追おうかと言ったので
耕大が50キロまで上げて僕が57キロまで上げて追い付いた所で 後ろの2人に交代して5チームにまとまると言った事もやる。

ここから簡潔にいくと 最後はスプリンターを用意したチームが強い
アベルと堤チームは 少し不利だったかなとおもった。

最後はけん制が入ると速度が落ちて危険なので 耕大と僕とで最終コーナーまで上げるよう
指示が入ったけれど けん制が入っている

最後は鷹組の井上さんの番手争いが熾烈で アドンの閣下がうまく掛けて勝った。

期待していたコグマの優勝はならなかった。

レース後に真鍋さんと弁当を食べながら久しぶりに話した。
意外と走れるなぁと言われて 乗鞍目指してトレーニングしていますと。
「やっておかないと後悔するからまだやってます」と。

エンデューロを見ていてバランスのいいチームというか 優勝争いに加わるチームは
青年が居て 子持ちのおっさんもいて ある程度の若者もいると言うチームが強いとおもった。

アドンで言えば 楽遂で コグマでは鈴木か。

勝手な想像だけど
若者は 自分の将来を 子持ちで社会人のおっさんレーサーを見て 子持ちでもやれるんだと言う気持ちでやれるだろうし 時間を作ってでもやっている姿を見て 何かを感じるんだろうしね。

おっさんは 独身の若者に 時間があるときにやっておけよとでも言っているんだろうしね。

若者は青春18切符で おっさんは新幹線で 

アドンの打ち上げ焼肉の参加した時も 最後はこういう話になる
トレーニングの話とかで僕の周りには男が集まるんだけれど・・・・。

38歳でも強くなろうとしたら 真剣に考えて真剣にトレーニングする。
だから面白いし 周りに人が集まってくる
男ばかりだけど・・・・・。

自分の作りたいチームがここにはあるから
だから アドンの打ち上げに参加するのが好きなんだよな。

イナーメはある程度強い選手が集まってくるから 大体が自分を持っているし 言わなくてもやっている。

でも自分で立ち上げて 自分で育てて こういったレースで勝つと言う事をやった事がない。
こういう事をやると 自分はチームの為にとかおもうんだろうな。

いつかはこういうチームを作ってみたいな。

水曜連チームで 参加してみようかな。
広美さん そにっくさん 少年 のりへい 僕 か、
スプリンターが居ないわい はははははは。

走った距離
296キロ センサー踏んでいないのがあるので。
アベ170W 
回転数75回転

明日から頑張ろう。