平田最終戦と柿とイチゴ

6時半に起きたら 羽島の最速王さんから 平田は雨だよってメールが来た。

朝飯食べて 今日は開催されるよと 最速王さんから電話。

9時出発

津島神社を抜けて東海大橋 から農道でメディオ 
5分30秒ぐらい 276W

左のちょうよう筋が固まっていてギクシャクする。
10時半に平田について カーボンホイールに変える

イナーメの皿屋んちがおめでたなので チャイルドシートとベビーカーをあげた。
愛着あるものだけど 使わないので捨てるに捨てらなかったから もらってくれるとちょうどいい。

レースは路面が乾いてきていた
2.5キロ 13周回
部長こーひーは 太一にいちゃん はっちさん 56 のりへい。
レース前にミーティーングした。

兄ちゃんを勝たせると言う運びで動く

2周回目に れーパン いなーめ 上はアドンという どっちのチームか分からない二俣がアタックす
それに追いつき2人 

皿屋や岐阜べんどの 野原や 井上さんが追いついてきて 周回を重ねる
後ろは10秒ぐらい離れていて 僕は 部長チームが他のチームを追ってくるようにして 休む

水野と皿屋の3人になるが 皿屋は下がって水野と二人
引かせて体力を使わせる

7周回目でひとつになって 周回賞でスピードが上がった。
この頃には8人になる

北風が強くて一列棒状 
後ろにいると中切れがあるらしい。

最後まで皿屋を連れて行きたくない。
それを理解しているのか していないのか アタックが掛かりずらく
掛かったら皿屋に引かせて追いつかせるという事を何回もすれば 足を使わせれるのに

アタックが掛かったら 誰かがおって 僕が逃げたら 誰かが追ってくるという
皿屋に足をつかわせると言う事を理解していず
連れて行ってはならない選手ってのが居る訳で
チームは違うけれど それをほかで7人で理解すれば 皿屋が居ない逃げが出来て 勝つ確立が上がるのに。

最終週は 二俣が 頭の配線が切れたように 終始アタックし 皿屋を助けると言うハプニング

最後は皿屋の番手につけた 兄ちゃん

先頭 はっちさんで 後ろは皿屋  の横に僕で 蓋を出来たとおもったら 

にいちゃんは チェーンをはずして 芝生に突入
どんだけ芝生が好きなんだろうとおもった。

皿屋が優勝。

でもまぁ 何となくもチームで動けたのが嬉しかったな
いつかは 兄ちゃんを優勝させたいな。

ゆきおさんが 部長コーヒーが勝つまでを映像で追いたいと言っていた。

こんな立派な箱


大垣レーシングの 佐野君が 実家が柿農家らしく こんな柿を頂いた

1箱 4000円 富有柿
うちは 3人とも柿が大好き。
柿1本オーナーになっているぐらい好きだ。

それからクロス講習会

皿屋の奥さんに頂いたイチゴと 柿

終って家族で ラーメン食べて 帰宅

これから アラフォーのお姉さん二人と飲み会
いやぁ楽しみだ。