大腿骨骨折

11時に寝た 7時に小便でおきてまた寝る。
8時半過ぎに のりへいから電話

こけたので迎えに来て欲しいと・・・。

今日は一日寝ている予定だったのでちょうど良い お出掛けだと。

おちよぼ稲荷さんへ向かう

救急車で運ばれたというので 自転車をピックアップしに 喫茶店へ


人のいいママで そのまま帰るのもなんだなので アイスクリームを食べる

そのまま 羽島市民病院へ

受付で聞くと ヒビが入っているらしいと言うので ADONの野田さんへ電話
のりへいのライフプランナーの野田さんの保険に入っているので 話が進みやすい
野田さんも病院へ来てくれるというので。

セルフタイマー撮影

のりへいと面談

ベットに寝ていた。
お医者さんがレントゲンを見せてくれた
大腿骨が折れていた・・・・。

のりへいのシャツを脱がすのを手伝う。

自転車乗りのお医者さんの指示で 「自転車のウエアは高いので 脱がしてあげてください」と言われていたらしい。

ここは自転車乗りが多い病院だった。

市内の病院に移りますか?と言われたが面倒なので ここで手術してくださいと頼んだら
今日の13時からなら出来ますと言うので 緊急入院する事に。

そうこうしていたら 野田さん到着し 使える保険の説明を受ける

パンチら先生もお見舞いに来た。

ライフプランナーは 仕事とか色んな事の相談して 趣味の事も考えて保険を勧めてくれるので

仕事で入っている保険 これはこうした方が良いという事も教えてくれる。

で JBCFの保険とかにも詳しくて 自転車乗りには自転車乗っているライフプランナーは最強。

仕事を休み訳だし 入院時の 収入減ればそれを 補ってくれる保険もある。

それを考慮して色々と考えてくれるから 野田さんは最強だとおもった。

保険のありがたみは 事故した時に分かる。

痛い思いして 新車になれば 少しは救われる。
これが何もなければただ痛い思いをしただけだし。


13時から手術

僕も2000年のクリスマスイブに 牡蠣を生煮のまま食べて腹下して 雷太さんに電話して松本の城西病院に連れて行ってくれたのをおもいだした。
あの時は雷太さんした頼る人が居なくて電話して嫌な顔せずに連れて行ってくれたのを思い出した。
歴史は繰り返されるのか? やってくれた事は誰かに返さないとな。

 あの時はありがとうございました。

でも 電話くれた時は 少しは頼りにしてくれてるんだなと おもって嬉しかったな。

僕は帰宅。野田さんは残っていた。

帰宅して寝る。

17時まで寝て ローラー
1時間ぐらい映画見ながら回していたかな。

明日も仕事が頑張ろう。