土曜日+ AACAレースC1 

土曜日 4時から14時半まで 帰宅してロードのチェーン交換と
コンポをはずす作業

17時から1時間ローラー
のんびり回す
夕飯食べてバタンキュー。

http://www.ustream.tv/recorded/43602981

こちらでユーストリームの登録映像が見れます。

よく止りますが 車中の 会話が面白いです。

元プロ選手 鈴木新二さんのレース展望が特に。

日曜 8時起床
レースは14時なので10時に出発しようとおもうが 朝飯食べてもう一回寝たら
10時過ぎだった
13時半スタートと知り慌てて荷物を積んで僕は自走で出発

凍結に注意して C2にでようとおもったら満員で出れず
外に走りにいこうにも まぁローラー台でってことで。

ローラー40分ぐらい回して BORA2に履き替える
爆風だがまぁなんとかなるだろうと。

3キロ 20周回 150mの上りの後の0からの立ち上がりがきつい

イナーメオイルの ホットアップクリームをお腹にも首にも塗る
このクリームは刺激が少なくていい
僕は成人アトピー持ちなので このクリームは重宝する

こういう 個人商店の良い所は ワガママを聞いてくれる所であるとおもう。
自分好みのオイルを作ってくれるし 合わないからと言って
ブログで書いたりするのもいいかもしれないけれど
僕は 直接 言うかな

コンチネンタルのタイヤのサポートも ミズタニさんに 勝手にレポートを書いたら
サポートが決まったし。

出走28名 シエルボ奈良8名がエントリーだが 主催者の意向で2名づつに分けて出走
ヘルメット後方にテープで A・B・C・Dと表記してあるので分かりやすい
SONY DSC

アップ不足なので立ち上がりはきつい
SONY DSC

SONY DSC

今日はユーストリームがあるので頑張らねば。

岩井の小西選手が80mmホイールで気合の逃げを打つ。

また森本さんと走れるとはおもっていなかったので嬉しかったな
(正直プロの道は無理だとおもっていたのでこの展開は高岡とは予想していたが・・・。)

SONY DSC
後ろにいるときつい なんだかんだでアタックする。
SONY DSC

ウインドブレーカーベストが暑いので脱ぐ
サポートカーに受け取ってもらう
運転手 池田さん
助手席 元プロ選手の鈴木新二さん
なのでベストを抜いて手を上げたら前に来てくれて受け取ってくれる
こういうのは さすが元選手だと 何も言わなくてもスムーズに進む。

後ろに下がると人数が減っている
SONY DSC
13周回目に 食い物ありますか?と言ったら 次に周回で渡してくれるが
僕が下手なので 落としてしまう
かこさんからのも落としてしまう。
SONY DSC
ありがとうございます。
しっかりと蓋も緩めてくれていて最高でした。

次の周回では 走ってくれて渡してくれた。
SONY DSC

その前に4人の集団が抜け出していて ここは3人
後ろは居ない・・・。
立ち上がりを抜けると5秒差ぐらいで 二人は踏めていないので 一人で追いつく
ここが分かれ目で 1分ぐらい鬼踏みして追いつく

森本さん しえるぼの山下 角田 に エルドラードの水野の5人

後4周回

森本さんに「そろそろチームプレイしない」と問いかける。

その上りでまさかのチェーン落ちで森本さん居なくなる
SONY DSC

森本さんのシ0ノの新型のサテライトスイッチには 裏ボタンがあってそれを押すと
チェーンが落ちるらしい。
なので止って直すしかなくなり
周りには 「いやぁメカトラですわ・・」と言い訳が出来るらしい。

まさかの4人になり 山下がするっと抜け出し逃げる
10秒ぐらい
そのままラスト周回へ
立ち上がりで水野が 自転車が前を向いていない状態で踏むので
こけそうになりところで目が合う

「ごめんなさい」と言うので 「大丈夫 こけなくて良かったな」とお尻をペンペンと叩いて 勝てよと。

変わらず10秒差。
若者二人なので 角田に ジュースおごれよと 鬼踏みして追いつくが
あと2秒が足らずに・・・。

水野が「五郎さんアシストします!!」と言うが ここで言うのか????。と・・・。

追い風になり 5秒差ぐらい
山下 Bチーム 角田Cチームで違うチームだが
「若者よ下克上だ 勝ちなさい!」と言って 鬼踏みし山下に追いつく

追いつき際に 二人が抜け出して そのままゴールスプリントへ
角田が勝つ。

僕は4位

完走者6人

アベレージW 264W オフセット0しなかった。

いやぁ レース後は放心状態。
右足でも上手く踏めた感じがした。

帰りはライトを持ってこなかったので 車で帰宅
ラーメン食べて帰る

SONY DSC
工具を買いに行く
SONY DSC
いまのシューズは空気の抜けはいいが 冬は寒い

加藤少年 良いレースを開催してくれてありがとう
AACAの関係者の皆様もありがとうございます。
ユーストリームがあるので 選手が見えなくなっても スマホがあれば見えるので
退屈しなくて良いです。