鬼の森本連

前日 SRMのクランク長を170から172.5に変更

8時間寝れた。
7時半出発 路面は塗れているので泥除けをつけて 木曽三川へ

水の 森本さん の3人
京ヶ野周回へ
今年で39歳なんだぁという事で おっさんを労いなさいという事で付き位置で。

京ヶ野は上り12分ほど 下りと平坦10分ほどの周回コース
5周回 
その前にコンビニへ
森本さんが ジャムの特売を買ってリックサックに入れていた。
買い物かよ!!!!!!と・・・・。

僕は5周回付いていきたいので 足が持つように走りたい。

周回へ
水野は前日240キロ走っているので森本さんメインで行く
僕は水野のパワータップにハブをひたすら見る
12分 12分12分と 安定して進む

水野のタイヤがきゅっきゅっや 前周回とは明らかにちがう音をだすようになったので
体がきついんだろ。

「56さん前に行ってください!」と言うので そんな事は許させる訳がなく
真ん中で進む。

上りながら 家族が健康だと こうやって走りにこれるんだなよなと 改めておもった。

5周回目
「もう無理です」と言うので そんな事 許される訳がなく
真ん中の定位置へ。

森本さんに「 上げすぎないで水野を連れて行く感じでね」と言ったら
「大丈夫です 連れて行きます 俺も限界です!!!!!!!」と言うので 一安心したが何故か?スイッチが入ったようだ。

水野が遅れだすので 「落として!!」と何回もいうが 聞く耳持たず

コヤツは 優しさもへったくれもない 「山の鬼人」だと おもった。

4周回目まで時速29キロだった地点が32キロ。

豚小屋も 4周回目は 340Wぐらいが 400W近い
インナーだったが アウターで上った。

最後は淡々でゴール
「11分切れました!!」と 水野は遥か彼方・・・・・。

後ろに付くと集中力が上がるしね。
きつかった。ありがとう。

水野に 「もう無理です!」と言うから 頭が無理とおもって体まで動かなくなるから 「気持ちだけでも いける!」とおもってみなと。

コンビに休憩してから木曽三川まで

みずのと二人で帰るが きつくて引いてもらった。

156キロ 3200KJ

帰宅

SONY DSC
プロテイン
SONY DSC
痛くないけれど アイシング

1時間昼ね 気もち良かった

それから体育館へ ウェイトへ
あまりに熱気に驚いた。
SONY DSC
夕飯は鍋

明日は頑張ろう。