いなーめ合宿 

AACAのレースが終って のりへいの車で木曽福島まで移動。
山下 龍太郎 安井の5名で

9時前について 夕飯を食べるが とにかく眠たくて 先に寝る

ポールが布団を掛けてくれた。

7時ぐらいまで 最後まで寝ていた。

卵かけご飯食べて ポールと木曽福島駅前の河合商店さんへ移動
気温6度だってさ 寒いはずだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

地蔵峠で 途中で心が折れて挫折・・・。

九蔵峠では何とか登れた感じで これを2回

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
その後は なんとかダムを2周

道の駅で休憩して 才児峠3回らしいが ここはナントかダムをもう2周回して 才児峠は1回にしたほうがばらばらにならずに 良いと提案す。

3周回目は ローテーションして 上りで掛け始めて プロツアーメンバーで抜け出す形になる

4周回目は プロツアーメンバーで回して 後ろのついてもらって 上りで掛けるのでついてきてもらう

ポールが僕に右ひざをみて 「外側になってるよね」と指摘される

それから才児峠へ

龍太郎 ポール 山下 の4名で 6キロの上りへ
竜太郎がアタックして ポールが淡々と回す

300Wがきつくて やめたくなったが 少し落ち着いて 峠を先頭で上るイメージを描く

ガーミンの電源オフにした。

とすると淡々と回せてついていけた

竜多量に 追いつくと 山下が抜け出す 先頭で追いかける

後ろのりゅうたろうが「あとどれぐらいですか?」と効いてくるので
「 そんなもんしるか!! 僕が聞きたいわ!!!」と。

山下にも追いついて ここから 踏み始める
ガーミンをオンにして 300W維持で進む
ポールが追いかけてくるが  右ひざを真っ直ぐに踏む感じで 大げさだけど トップチューブにするぐらいにしたら 進んだ。

のりへいに車に収容されて 見学していたので ダンシングも 見ていて綺麗に乗れていたという。

自分では真っ直ぐに踏んでいるつもりでも 体は歪んでいる感じだが 外から見ると真っ直ぐになっているらしい。
自分のイメージを そとから 見るイメージは ズレがあるようだ。

そのまま ガムシャラに踏み込んで先着
久しぶりにガッツポーズしたら 後ろのサポートカーに中畑さんが クラクションを鳴らしてくれた

最後はかーぺーサー

中畑さんに見えるように右側に移動して グッドのポーズをしたら 路面が悪く 腕が動いて
上げろ!上げろ!に見えたらしく60キロまで上がった・・・。

 60キロまで上げてくれて 山下の二人になって終わり

その後は河合商店で解散式やって数量

162キロ TSS540 消費カロリー 3000ぐらい
平w 220

それからポールとのりへいと温泉へ

ポールは日本人だった。

のりへいと ドリカム聞きながら19号線を帰宅

のりへいとこんなに話したのは初めてではないかというぐらい話した。