美山サイクルロードレース

足裏マッサージしてもらいながら22時には寝ていた。
いつもの3時半に起きてしまってなかなか寝れず6時起き

コンビニで朝飯買ったら くじでアイスクリームが当たってしまった
娘の朝飯がアイスになった。

8時半には美山に到着し ウッキーさんとまかまかさんが応援に来てくれた。
なかなか関西方面に来ることがないのでなかなか会えず。
タイヤチェックなどしてくれたりボトル作ってくれた。

DSC_0001
DSC_0002

DSC_0003

かこさんにマッサージしてもらう
マッサージしながら何も言わないので 調子はあまり良くないとおもっているんだろう。
悪くもなく良くも無いと言われた
でも走りこんでいるから走れるだろうけれど 最終局面には残れないと言われる。
上のレベルのトレーニングをやっていない。
目標のレースはもう少し先の修善寺だから まぁこんなもんだ。
脚を触って なんとも的中な事を言われると 凄いなぁとおもう。

9時半からアップ開始
川沿いで 道の駅っぽいのがあったのでトイレを拝借

胃から何も出ないゲロが出る。緊張してきた。

アップダウンを利用しながら上げていく。

サインを済ませてスタートを待つ
80人ぐらいか アイサンにシマノ一人に アスティーフォ シエルボ マッサ。
山本ゲンキが強い。

1周目に前に上がり 九鬼ヶ坂の手前でゲンキの後ろにつく。
絶対に上げていくし 将来の日本をしょって立つであろう こいつの強さを見てみたかった。
DSC_0026

アウターでゴリゴリと踏んでいく
そのまま着き切れし下りへ
ゲンキはそのまま一人50mぐらい
後ろからばらけた集団もおいついてくる
先頭交代してくれるのは マトリックスの永良さんだけ。
そんなのが嫌だったので 永良さんの後ろから アタックしてゲンキに追いつく
追いつき際に 「行くぞ!ゲンキ!」と言うが こいつとは面識ないんだよな・・と笑えた。

先頭交代すると うしろからマッサの仲西と しえるぼの 若杉が追いついてくる
4人でまわすが ついている分にはよいけれど先頭に出る時の上げ下げがきつい

おっさんをいたわりなさいと 20代の若者3人にいい 上りと下り意外は前に出れなかった。

DSC_0034
2周目

3周目
げんきに 「調子悪いんですか?」聞かれるが「5日間で650キロのっちまったから」と。

50秒まで広がるが上りを終えると 35秒まで縮まる
DSC_0074

DSC_0079

DSC_0084
後ろを待つか?とげんきに聞いたら このまま行きますと 最初から最後まで逃げるつもりらしい。

上りでアタックがかかって縮まっただけだからこのままローテーションまわしていきましょうと。

ゲンキが引く900mぐらいの上りは 後ろについていて300~350Wぐらい。
このぐらいだったらきついけれど耐えれる。

T字のあーレンキー出して ブレーキレバーの位置を直していたら 審判とカメラマンに発見されて
笑われた。

DSC_0095
6周回めに 6人が追いついてくる
アイサン 福田 小森 
白石慎吾 
永良さん
大塚 
あすてぃーほぉーの向川

何となくもまわしていくが 僕もサボるが 後ろにサボる選手も居てくれた。
DSC_0088

最終周でコーラもらう。

ラスト周回で 上りの下から自分比では切れのあるアタックだったつもりだが スピードと上げただけだった
千切れて 集中力切れずにまわした
10位以内に入れば全日本選手権の出場資格を得られる
今は10位 しっかりとゴールまで回してゴール
DSC_0106

DSC_0117

久しぶりにレース展開出来て楽しかった
もうロードレースは走らないかもとおもったけれど まだ もう少し走れそうだと自信になった。

沢山の応援ありがとうございました。

着替えていたら 写真撮ってくださいと 男3人が現れた。
DSC_0121

DSC_0246
帰りに三十三間堂による
雷神さまの顔を見た
2007年に見た時は 怒られている感じだったけれど
今回は 笑顔に見えた。
自分の心の気持ちを 映し出してくれるのかもしれないね。