人間失格

3時半起き 4時から

お店のシャッターを開けていたら後ろから
「お兄さん 遊ばない?」と60歳ぐらいの女性が 聞いてきた。

「今は無理だわ」と断ったが「今は」と言った自分が恐ろしい。

お店の年金生活している 女性のお客さんが いつも 名前で呼んでよ と言うので
「OOさん お替りしますか?」と。

「貴方の声はいつ聞いても ドキドキしちゃう」と

「お金に困ったらいつでも言ってね」と言われる。

14時までパンを作って帰宅して 日進クエストさんへ

18時まで 横井さんは アメリカへ遠征?
1週間ほど お店を閉めます。

クエストさんの前の道は 坂道
高校生カップルが 二人とも ダンシングしていたので
「恋のダンシング」と名付けておいた。

どこかツーリング行こうかな・・・。

帰り道 僕の声が 良い声なのか?を確かめるべく 女の子に電話してみたが。
好きらしい。

こまったなぁ また一人 恋の迷路に迷わせてしまった。

帰宅して夕飯食べてから 練習タイヤに交換

ローラー乗る気にはならないなぁ。

奥さんに「こういう風に言われたんだよね 僕が女の人と歩いているのを
見て その女性が高齢の人だったら見ぬふりをしてね 生活費はちゃんと入れるから」と言ったら 「わかったよ」と

そんなことはない。
そんなことはない。

奥さんにおやすみーと言ったら
「私たち明日は食事会」と。

また大空に羽ばたく翼を手に入れた。
明日は自由だぁ!!!、!?。

明日はぼちぼち頑張ろう。